デュアル・システム

意義文

千葉県社会福祉法人経営者協議会では、福祉の分野を目指す若者を「修学」と「就業」の両面(デュアル)から支援する、新しい奨学制度を平成28年度からスタートさせました。
学びながら働く、働きながら学ぶ意欲のある学生の方を対象に、施設と雇用契約を結び、職員の身分で学校に通って介護福祉士や保育士の資格取得の勉強をするとともに、施設において業務も経験するというシステムです。

支援内容は、施設から「若者チャレンジ デュアル支援金」として、就学期間中の2年間、授業料補助で年60万円の「奨学支援金」と、修学生活を支援するための月2万円の「生活支援金」が給付されます。

一方で、施設職員として、週末や夏・冬休みなどに、学業に支障のない範囲で年間300時間を目安に、施設の補助的な業務に従事することになります。これにより施設の業務内容を把握することができ、学校卒業後の就業にスムーズに移行できると考えています。もちろん、業務に従事した時間に応じて、所定の給与が別途支払われます。

「奨学支援金」は学校卒業後、雇用契約を結んでいる施設で3年間勤務を継続すると返還が免除されます。また、「生活支援金」は返還の必要はありません。
新しいタイプの奨学制度として、本制度をご検討、ご活用いただきたいと考えています。

千葉県社会福祉法人経営者協議会
会長 田邉 信行

デュアル・システム

支援内容

〈若者チャレンジ支援 デュアル・システムの概要〉

■ 就学期間中の支援 → 雇用契約と養成校での修学

修学支援 →「デュアル支援金」を交付(在学中の2年間)

  • 「奨学支援金」として年間60万円の授業料助成
  • 「生活支援金」として月学2万円を給付

就業支援 → 雇用契約を結び300時間を目安として就業

■「奨学支援金」の返済と免除(生活支援金の返還のはなし)

【介護福祉士】

  • 就学中に退学、退学・退職 → 全額返還
  • 就学中に退職 → 全額返還、卒業まで返還猶予可
  • 卒業後3年の間に退職(資格取得の有無にかかわらず)→ 50%返還
  • 卒業後3年間勤務継続(資格取得の有無にかかわらず)→ 全額返還免除

【保育士】

  • 就学中に退学、退学・退職 → 全額返還
  • 就学中に退職 → 全額返還、卒業まで返還猶予可
  • 卒業後3年の間に退職 → 50%返還
  • 卒業後3年間勤務継続 → 全額返還免除
デュアル・システム デュアル・システム

養成校一覧

【介護福祉士】

  • 大原医療秘書福祉専門学校(介護福祉士)
  • 聖徳大学短期大学(介護福祉コース)
  • 江戸川学園おおたかの森専門学校(介護福祉学科)
  • 成田国際福祉専門学校(介護福祉士科)
  • 専門学校新国際福祉カレッジ(介護福祉科)
  • 植草学園短期大学(福祉学科地域介護福祉専攻)
  • 植草学園短期大学(専攻科介護福祉専攻)
  • 中央介護福祉専門学校(介護福祉科)
  • 京葉介護福祉専門学校(介護福祉科)
  • 松山福祉専門学校(介護福祉科)

【 保育士 】

  • 植草学園短期大学(福祉学科児童障害福祉専攻)
  • 聖徳大学短期大学部(保育科)
  • 江戸川学園おおたかの森専門学校(こども福祉学科)
  • 昭和学院短期大学(人間生活学科こども発達専攻)
  • 清和大学短期大学部(児童総合学科)
  • 千葉敬愛短期大学(現代子ども学科保育コース)
  • 成田国際福祉専門学校(保育士科)
  • 千葉経済大学短期大学部(発達教育学部発達支援教育学科保育士コース)
  • 千葉女子専門学校(保育科)
  • 千葉明徳短期大学(保育創造学科)

賛同法人一覧

現在制作中です

規程集

若者チャレンジ支援「デュアル・システム規程集
(PDFファイル:4.8MB)

お問い合わせ

千葉県社会福祉協議会デュアル・システム担当窓口
電話︰043-245-1104 
FAX︰043-245-9040